Synapse

©スタッフ・テス株式会社

INTERVIEW
振付
中弥 智博
Toshihiro Nakaya

PROFILE

<PROFILE>
12歳よりアートバレエ難波津にてバレエを始める。2000年より夏山周久氏に師事。01年米国Walnuthill Schoolへ留学。09年松岡伶子バレエ団入団。『ジゼル』アルブレヒト、『レ・シルフィード』詩人、『ロミオとジュリエット』マキューシオほか多数出演。同団アトリエ公演にて、13年『sinfonia eroica』、14年『syNapse』、15年『Vivace』『Blind sense』など自身の振付作品を発表。16年東京シティ・バレエ団入団。『白鳥の湖』パ・ド・トロワへの抜擢に続き、『くるみ割り人形』コクリューシュ王子で初主演を飾る。17年『Octet』(ウヴェ・ショルツ振付/日本初演)ソリスト、『コッペリア』フランツで主演し、「シティ・バレエ・サロン」にて振付作品『numero5』を発表。18年、オーケストラwithバレエ『ペール・ギュント』の振付に抜擢され好評を得る。

『くるみ割り人形』コクリューシュ王子
©鹿摩 隆司

『Synapse(シナプス)』をネットで検索すると、細胞生物学や脳科学の解説が最初に目に飛び込んできます。意味内容は、「神経情報を出力する側と入力される側の間に発達した、情報伝達のための接触構造である。」といった文言が並び、それだけだと、なんとなく難しいもののように感じてしまいます。
単純に、「神経細胞同士をつなぐ役目のもの」という捉え方の鑑賞で合っているでしょうか? その点も踏まえて、『Synapse』というタイトルに込めた想いをお聞かせください。

©スタッフ・テス株式会社

まさしく神経細胞の名前です。
ですが、その神経細胞を作品で表現したかった訳ではなく、結果としてそれになりました。
感情の素になるエネルギーの様子を美しくするとどうなるだろう、それが踊りの中で表現出来たら美しいだろうなと。どんな花が咲くのか分からないがこの種を植えてみよう。その種はエネルギーで、そのエネルギーは人それぞれの経験や知識によって形を変えて幾通りもの感情になって現れていると感じていました。

そんな事を考えながら作品を作っていき、気がついたらそれが『Synapse(シナプス)』という神経細胞に似ていると思い、そう名付けました。

『Synapse』で表現して行こうと思うバレエの世界観とは、どういったものと考えればよろしいでしょうか?

©スタッフ・テス株式会社

観てくださる皆さまの好きな様に、その形を作ってもらって良いものだと思います。
私からの提案は、みなさまの『Synapse』を、作品を観ることによって作っていただきたいということ。もしあなたの中にこれを見て楽しい気持ちが出来たのなら、それはあなたのエネルギーがその感情に形を変えたことで、もし悲しい気持ちになったのならそれもまたあなたのエネルギーが向かわせた先がそうであったと。

この作品のメインテーマで終曲になっているハイドンの弦楽四重奏曲を初めて聞いた時、私の心は大きく揺さぶられました。自分の過去から現在までを通してこれほどまでに音楽に感動したことはありません。ぜひこの音楽の中でダンサーを踊らせたいと強く思いました。その感動は私のエネルギーで、それはダンサーを通じてこの作品に注ぎ込まれたはずです。ぜひそれを受け取っていただければと思います。

今回のトリプル・ビルでこの『Synapse』を再構成したいと思ったきっかけがあれば教えてください。

この作品の初演は2015年でした。それから回を重ねてバレエ団では初となる今回の上演が4回目の再演となります。
これは私の2作目の作品で、初演当時には評論家の方々からたくさんアドバイスをいただいた事を覚えています。まだ経験も浅い私が必死に作った作品だったので未熟なところもありましたが、幸運なことにその後再演を重ねることが出来て私の成長と共にこの『Synapse』もまた成長してきたと思います。そして今回シティ・バレエ団の『トリプル・ビル』の1つを担う作品として、共に育ってきた『Synapse』をぜひみなさまにご覧頂きたい、そんな思いで再構成しようと決めました。

10月の『ペール・ギュント』公演から半年足らずで挑む形になります。創作に掛ける時間にしては短いと感じてしまうことはないのでしょうか?

©スタッフ・テス株式会社

構想としては10月の公演の前には『Synapse』を上演しようという話が出ていたので、正直この頃は2作品を頭で同時に考えて進めていくという作業が始まっていました。それでもバレエ団ではその間にも色々な公演が催されていて、実際にダンサーと一緒に作品を作る時間という意味では確かに短いと思います。

再演だとしても構成に変化があり、ダンサーも初めてでという状況で果たして間に合うのかという不安ももちろんありましたが、今のシティ・バレエ団はこうやって忙しく公演を重ねることが出来ていることをとても喜んでいます。
制約のある中でやれる事をしっかりやるという意味では短いとは言えず、むしろちょうどいいと思っています。

今回のこの『Synapse』の振付・演出で力を入れている点に関して教えて下さい。

これは私の作品全てにおいて共通している部分ではありますが、音の使い方やその曲の持つエネルギーを振付や演出に反映しているつもりです。そしてダンサー達が舞台上で自分自身に向き合う時間を作ってもらうことを目的として演出しています。きっとそれは人が美しく見える瞬間ではないかと私は考えています。
音楽とダンサーのエネルギー、そして劇場全体の集中力によって『Synapse』がたくさんの感情を生み出す事を楽しみにしています。

CAST

振付:中弥 智博 / ミストレス:山口 智子 岡 博美

岡 博美
Hiromi Oka
PROFILE
福田 建太 (2日)
Kenta Fukuda
PROFILE
キム・セジョン (3日)
Kim Se-Jong
PROFILE
その他キャスト 平田 沙織大内 麻莉榎本 文春風 まこ馬場 彩庄田 絢香新里 茉利絵
山﨑 茉穂石塚 あずさ且股 治奈島田 梨帆山本 彩未
沖田 貴士土橋 冬夢吉野 壱郎杉浦 恭太

※出演者は変更となる場合がございます。